茨城県プロゴルフ会 新年の会長挨拶

年頭の辞

新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、穏やかな新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
平素よりPGA茨城県プロゴルフ会の活動に対し、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
2022年2月より新体制となった初年度の活動も、全事業を無事終了することが出来ました。これも偏にご支援、ご協賛頂いた皆様のおかげに他ならず、改めまして心より御礼申し上げます。

2022年度は、4月開催の「第23回茨城県オープンゴルフ選手権大会」を皮切りに、新規事業として全6回(当初計画では4回)開催した「茨城チャレンジトーナメント」、「いばとちティーチングプロ選手権」の開催など、予選会を含め全18試合、延べ1,294名のゴルファーの皆様にご参加頂くことが出来ました。これらには県内外のプロゴルファーのみならず、延べ508名のアマチュアゴルファー、71名のジュニアゴルファーが含まれており、本会の掲げた「アマチュアゴルファーとのコミュニケーションを図り、PGAがより身近な存在となる」という活動方針を具現化することが出来ました。
昨年も多くの企業様にご協賛頂くと共に、新たに発足した「サポータークラブ」にも118名(2023年1月現在)の皆様にご加入頂いております。
また30名程度のプロゴルファーが新規に加入し、茨城県プロゴルフ会所属のプロゴルファーも94名(2023年1月現在)に拡大することとなりました。
このように本会が、年々大きな組織として成長していくことに、大きな喜びと共に重責を痛感しております。

2023年度につきましては、更なる事業のスケールアップを目指して参ります。
先ずは3月の「茨城県オープンゴルフ選手権大会」アマチュア予選会をスタートアップとし、今年で第24回目となる本戦を開催致します。
また前年度好評であった「茨城チャレンジトーナメント」を全6戦から全10戦に拡大すると共に、「PGA茨城プロ選手権 東商テクノカップ」「いばとちティーチングプロゴルフ選手権」「PGAいばらきプロアマチャリティ大会」など、現時点で全21試合を予定しております。
アマチュアやジュニアの皆様がエントリー可能な大会もより多く企画しており、今後も本ホームページ上で告知して参ります。是非とも皆様がご参加頂きますよう、心よりお待ちしております。

コロナ禍は依然として収まる様子もなく困難な状況は続いております。しかし、本会の基本理念を忘れることなく、ゴルフの普及と社会貢献の実現のために、プロゴルファーに実戦の場を提供するのみならず、多くのアマチュアとの交流を図り、ジュニアの育成のための活動を拡大していきたいと考えております。そのためには皆様のお力添えが不可欠であり、引き続きご支援、ご協賛を賜りますよう、この場を借りてお願い申し上げます。

2023年 元旦
PGA 茨城県プロゴルフ会 会長 長谷川 雄一

Scroll to Top